レボドパ/カルビドパ配合 経腸用液療法 Duodopa.jp

会員IDをお持ちの方はこちら

ユーザーID
パスワード
パスワードをお忘れですか?

よくある質問

レボドパ/カルビドパ配合経腸用液療法Q&A

レボドパ/カルビドパ配合経腸用液療法を検討されている患者さんが不安に感じると思われる主な事柄を、
Q&A形式でわかりやすく解説しています。

  • どのような治療ですか?

  • なぜ直接小腸に投与するのですか?

  • どんな手術をするのですか?

  • 胃ろうから挿入するチューブってどのようなものですか?

  • 効果はありますか?

  • 一度はじめたら止められないの?

  • 入院期間はどれくらい?

  • 治療のメリットは?

  • 治療のリスクは?

  • 器具の使い方が不安です

  • どのような生活になりますか?

  • 毎日しなければいけないことは?

  • 胃ろうのケア時は、どのようなことを観察しますか?

  • 感染予防のためには、どうしたらよいでしょうか?

  • なぜ、16時間投与なのですか?

  • 入浴はできますか?

  • 旅行はできますか?

  • 飛行機には乗れますか?

  • してはいけないことは?

  • ポンプのアラームがなったら?

  • ポンプの電池が切れたら?

  • ポンプやチューブはずっと同じものを使うのですか?

  • ポンプの費用はどうなりますか、故障の際は?

  • 薬はどこでもらうの?

  • 薬の保管は?

  • 残った薬はどうすればよいですか?

  • 病院にはどのくらい通うの?

  • 検査や治療の際は、どうすればよいですか?

  • 緊急なトラブルの際は、どうすればよいですか?

  • 経済的な負担はどのくらいですか?